http://mooooooooomin.jugem.jp/
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
産むこと

年が明けて、だいぶ日ものびて

今日なんか風に春の匂いが漂って来た。

そのせいか気分も良くて

萌さんにいただいたシュトーレンと

たんぽぽコーヒーを片手におやつなど。

今季は諦めていたシュトーレン、嬉しいな。

初めて我が子と対面してから早くも1ヶ月半。

体は十分に戻り、授乳にも慣れてきて

やっと人間らしい1日を過ごせるようになった。

1ヶ月までは体のダメージが激しくて

獣に近い状態だったから、精神的にもキツかった…。

昔の人は一生に何人も子供を産んだけど、

私はあまりの痛みとダメージに1人でも精一杯だと思った。

でも、これにあぐらをかいてはいけないな。

一般的に言われるように負担は大きいし

休業制度などで社会的にも大切にされることは重要だと思うけど、

反面、実際以上に大きな偉業を成し遂げたような

驕りにも近い感覚を持ってしまったようなバツの悪さがある。

出産や育児に集中できるほど暇ということなんだろうか。

痛みに耐え難いほど、苦痛にさらされる機会が減ったのだろうか。

↓この動画は、偶然見つけたけど切り口や内容が秀逸で一気に見てしまった。

映像の中で彼女が言っているけど、

「(出産は)痛いな、と思ったら産まれていた」くらい

大変なことではなかったらしい。

少なくとも、人前ではこのように話す。

今はどうだろうか。

強い痛みを伴う出産について、

いかに大変だったか、いかに消耗したか、いかに耐えたか、

武勇伝のように話す産婦も多い気がする。

なんだか、生活と出産が切り離されているような感覚がある。

身近に妊婦はいないし、出産は病院で隔離されるものだし

自分との接点やイメージが描けない。

だからこそ、なにか壮大で荘厳なことが実施されているような、遠い感覚。

確かに、人生の中ではビッグイベントだし

女性にとってはものすごい経験なのだろうけど、

もっと生活の中にあるものとしてなぞりたいな。

そんなに高いハードルではなくて

みんなお母さんから産まれてきているよ、という身近さ。

そのためには、妊産婦を一人にしてはいけないし、

育児もみんなでしたい。

15:12 childcare comments(0)
私のパン屋観

ものすごいモラトリアムだな。

時間がありあまる。

妊娠期間て、産後の準備期間なのだろうけど

当分ソロ活動とはおさらばかと思うと

自分のための活動を抑えられない。

 

妊娠中に海外旅行したりハイキングしたりする人を

「アクティブ妊婦」って言うらしいよ。

 

 

 

そんな中、つくばや三重ではすぐ日常にあった

美味しいパンの喪失感を埋めるために、

評判のパン屋を訪ねてみているよ。(結局どこも徒歩圏内ではないけど)

 

そこでやっぱり満足できなくて、

あらためて自分のパン屋観に向き合うきっかけになった。

 

私がパン屋に求める三大要素は

)萋食べられる(値段・種類・品揃え)

地元の人のために営業している

Dから開店している

 

味については、もちろん美味しいのがいいけど

それって最上級は求めていなくて、

日々の生活に寄り添ってくれていることで感じられる

安心感・安定感によって生まれているような気がした。

 

というのも、県内で1・2を争う評判の

パン屋さんに行った時に感じたことがあって。

その店は有名店だけあって平日にも関わらず

開店前からズラリ行列。

しかも店内が狭いから開店しても3組ずつしか入店できず、

対面販売のため会計にも時間がかかる。

そもそも、開店時間が11時というのに違和感。

パンは朝早く買って、コーヒーとともに朝食にいただきたいから。

 

店としては、こだわりのパンを

優れた消費者に納得してもらって提供したいという

プロ意識があるんだと思う。

店構えや雰囲気、 酵母の如何だって付加価値になりうるだろう。

 

でもその全てが私にとっては方向性の違いでしかなくて、

時間をかけて恐縮しながら高価なパンを食べるのは

オシャレでもなんでもないんだ。

つまり、私がパン屋に求めているのは

安全で美味しく、安定して安く朝から供給してほしいという

インフラ要素なのだな。米と一緒だ。

だから11時に開けて遠方からの客にまで

対応しようとするのを心地よく思えなかったんだ。

 

そういうサービスや方針の部分で

美味しさがどんどん目減りしていく実感があった。

確かに美味しかったのだけど。

手に入るまでに苦労を感じると

それは日常からは遠ざかってしまうよね。

だから、パンと希少価値や高付加価値は結びつかないのだ。

 

 

パンは日常にあってほしい。

 

 

 

 

11:00 Cafe comments(0)
第30回 東京国際映画祭

 

初めてレッドカーペットが敷かれるような映画祭に行ってきた。

鑑賞は、チケットさえ買えば誰でも参加できるんだね◎

 

ずっと機会を逃していた

安藤モモ子監督『0.5ミリ』を観に行ったよ。

3時間越えの超大作+監督と主演の安藤サクラによる舞台挨拶付きというのもあって

とってもボリューミーだったけど、濃厚であっという間の時間でした。

 

事前に原作を読んでから行ったけど、

原作よりも 主人公のサワが愛らしく感じられると同時に

母性も色濃く描写されていて、まさに安藤サクラのための映画だなと思った。

 

重く語られがちなテーマ(介護、孤独、戦争、貧困etc...)が

見えてくるけど、 高尚に論じようとしない訴え方だった。

だからこそ、登場人物に感情移入したり弱者に同情したりするような

安易な答えに行き着かず、一人の人間と対峙するときの姿勢を問い直されているようだった。

 

これから子育ての日々を迎えるわけだけど、

赤子とはいえ一人の人間。

あらゆる行動をどう受け止めて

どう対応していくべきなのか、覚悟を迫られる思いだった。

一切のリターンや合理性を求めることがナンセンスで、

ただひたすらに与えるという愛の態度が眩しい。

でもサワは、無償の愛だの介護して「あげてる」だの理不尽だのとは

考えていなくて、「そういうもんだ」とどっしり構えていたな。

そういう図太さみたいなのが母性にも通じるのかもしれない。

 

上映後の姉妹トークでは、

まさに私が聞きたかったような「子育てと仕事の両立」について

話があって、心強くもあった。

だれでも子供が生まれたら、仕事を辞めてしまおうかと

考え至るのかもしれないなって、安心したような。

それでも使命感を持って取り組める天職に

ついていることをうらやましくも思ったけど。

 

でも、いろんなことがぐるりぐるりと転換していく今、

あるかないかも分からない先の心配事に悩まされるのもアホらしいな。

 

 

 

うさぎのリンゴ、小アジのみりん干し、かぼちゃの煮付け、

カレーライス、うどん…

どれも全然美味しそうに食べてなかったけど、

何故か食べたくなる不思議な食事風景だったのが印象的。笑

 

 

東京国際映画祭2017

 

イベントレポート(公式)

 

12:51 Movie comments(0)
胎響を聞く

 

4月に妊娠が分かってから早いもので、来週からは臨月。

幸い悪阻も重くなかったし、目立った不調もない。

ここ数年感じていた、妊娠・出産に適した時期と体調である予感は当たっているっぽい。

 

妊娠て面白いな。

無自覚に胎内で人をこしらえて、日々育っていく。

自分の臓器の中で、自分以外のものを擁しているなんて

子宮はなんて寛大なんだ。

 

ホルモンバランスが安定して、

麻酔成分が分泌されているせいか

感情の浮き沈みはなく、不安や悲しみに苛まれることもなくなった。

足先はいつもポカポカしているし肌の調子も良い。

こんなに満たされていられることが逆に不安かもしれない…。

 

 

 

今は呑気に妊娠という現象を楽しんでるけど、

産後のことは何一つ現実的に考えられていない。

twitterで子育てアカウントを見たり

ベビー用品や入院の準備をしていても、

なんとなく他人事だ。

 

そんな時に山崎ナオコーラ著『母ではなくて、親になる』を読んで、

「ああ、これくらい低めの温度感で子育てにのぞんでもいいんだな。」と楽になった。

Benesse界隈のハイテンション雑誌を読むと、

途端に気疲れしてしまうような人にはオススメの一冊。

 

核家族化によって、親(とりわけ母親)は

集団で子育てをする機会を失ってしまい、

何に頼ってよいか分からない状況が漠然とした子育てへの不安の原因だと思う。

「わたし、産みたい!展」で出会った櫨畑 敦子さんは、

長屋でシェアハウスをしながら子育てをしたいと計画する妊婦だった。

”家族のかたち”はともかく

子育て世代が孤立しがちな現代においては、とても合理的な試みだと思った。

なぜなら、私がシェアハウスを経験して思ったのは

そのセーフティネットとしての機能の大きさだから。

大学生活を送る上でさえ同居人のありがたさが身に沁みたのだから

子育てともなれば、複数の生活リズムで生きる人が並行している家というのは心強いと思う。

(もちろん、他人と同居するにはありがたみだけでなく

煩わしさも許容する必要はあるから、子育てともなればそれもハンパないと思う。)

 

↑の展示を見て、

結婚や出産・子育ての在り方をあらためて考えたのはもちろんのこと、

・出生前診断

・望まない妊娠・中絶

・不妊治療

・デザイナーズベビー

・産科医療(無痛分娩)

・人工子宮

といった、生命倫理にも関わるトピックに興味が湧いた。

 

私は妊娠前から、自然分娩が可能ならば絶対に助産院での出産を希望していた。

それは、手術や入院をした経験がないから、

病院という場所がものすごく緊張する上に

医師(先生)に主導権を握られるという状況が好ましくないと感じているから。

(どうしても自分が〇〇してもらう立場になってしまう)

あと、妊娠が分かって初めての産科受診で

産科医に「妊娠してますね。で、どうするの?産むの?」って聞かれて、

「おめでとう」と言われないとは聞いていたけど

何故こんなにも高圧的なのか、生命の将来を一手に委ねられているかのような態度に

とても嫌悪感を持った。

とりわけ若年層の望まない妊娠と中絶が増えている社会的背景も理解している。

産科医や病院が少なく、過酷な労働環境もあるだろう。

それらがこの医師にこの台詞を言わせたのなら、

そんな厳しい状況は間違っている上に不自然だと思った。

こりゃ、長くは続かないぞ…という危機感にも似た不安。

 

この感覚は、出生前診断やデザイナーズベビーに対して抵抗があるのと似てると思った。

いつだって、誰だって”新技術”への風当たりは強いものだけど

自分にとっての要不要で考えれば単純だ。

 

私の考えには、未知の人を何があっても受け入れるということが

子育ての大前提としてあるな。

子を授かるというのは、欲しい服を買うのとは違う。

生まれてもいない子供に何かを期待したり、望むように育てようとするのは

根本的にナンセンスだと思っている。

だから、親になることって難しいんだろうと思う。

思い通りに動かしたいというエゴも理解できるから。

(これは、『そして父になる』を観て考えたことだな)

 

生命についての議論はとても繊細で、

「絶対にしたくない」のか「できるならばしたい」のか

理由を含めて考えるのは簡単なことじゃない。

善悪では語れないテーマだな。

ただ、「誰にとっても無理なく続けていける考え方・行為であるかどうか」

というのは一つの軸であると思う。

 

 

 

 

 

10月から産休をいただいたのをきっかけに、

かねてから気になっていた「穂高養生園」で過ごしてきた。

どうやったら自分を大事にできるか考えたり実験したりするのが「養生」だと思ったよ。

何か生んだり始めたりする前に、整理整頓しだすというのも本能かもしれないな。

工夫と滋味に溢れた玄米菜食のごはんには感動したな。

あの食事のためだけにさえ泊まる価値がある。

安曇野の清浄な空気や水も相まって、心身ともにデトックスできた◎

(これを自宅でも続けられたらいいのになぁ…。)

 

美麻珈琲やちひろ美術館、書翰集に松本城の界隈にも遊びに行けたし、

充実の信州旅行だった。

ちひろ美術館は東京にもあるとのことで、

赤子が生まれたら一緒に行きたいミュージアムにノミネートした☆

道の駅で叩き売りされていたリンゴを買ってこれたのも嬉しかったな^^

長野は折にふれて訪れたい場所ですね。

 

▲松本にある「ことの葉」という花屋さんでケイトウを買って帰った。

花屋とは思えないほど広々した店内で、

花器やドライフラワーも充実していて良かったな。

 

呼吸を整えて、ふくよかな心で出産と子育てを迎えられるように

準備していこうと思う。

 

18:42 Health comments(0)
みんな富士山のこども

 

年度最後の3連休は、八ヶ岳・富士山麓へ。

 

北八ヶ岳ロープウェイに乗って

山頂からの雪渓を眺めたり。

 

 

 

 

 

 

 

サントリーの白州工場で見学したり。

 

山と川と、美しい水の景色を楽しんで、洗われたような気持ち。

 

 

 

 

伏流水の湧水群や湖も多くて、

みんな富士山から生まれてきたこどもみたいだなぁ。

 

 

長い時間をかけて変化してきた地形から

その地域の歴史や土地利用を見ていくのは面白かった。

 

 

薄氷が張る農業用水のため池『御射鹿池』。

いつまでも水紋を眺めていられそう。

 

 

 

 

三方向に平等に配水するための知恵『三分一湧水』。

山津波があって、何度も埋まってしまったそうで、

今は改修された後。

 

真ん中の水分石の位置を、

そこでもない、もっと右、とか言いながら

調節していたのかと思うと興味深い。

 

 

 

 

 

世界遺産『忍野八海』。

コバルトブルーの色彩が眩しい8つの湧水群。

水草や魚も豊富で、水色だけでなく動きまで楽しめる場所でした。

 

 

 

 

また、水辺を巡る旅をしよう◎

 

 

 

 

22:58 Water comments(0)
地下河川

 

懐かしい母校にて。

 

進路指導のプログラムの一環で、

卒業生による模擬面接をしてきた。

 

卒業してから6年。

制度もカリキュラムもすっかり見違えて、

ちょっとドキドキしちゃったけど

高校生と話してると、自分の16歳の頃を思い出して

ちょっと甘酸っぱい気持ちになった。

 

 

 あの頃は、今よりずっと恐いものが多くて、
敵だと思っているものも多くて、なかなか素直になれなかった。

 少し生きてる時間が長いからって、知ったふりして
忠告してくる大人なんか大嫌いだったし、
受験というシステム自体も、学問を志すこととは本質的に
一致しないと考えていたから、 どこか冷めた目で俯瞰していたように思う。

 

 

 丸くなったな。

 

 

 角張っているより丸い方が
吸収できることも、行ける場所も
たくさんあったと思う。

 

 

 

 私のことを丸くしてくれた
いろんな人やものがありがたい。

 

 

 

 


 

 

 

 

 でも、「水」のテーマだけは今もあの頃も変わらずに手元にある。

 

 

 

 やっと予約が取れて、首都圏外郭放水路の見学会に参加できた。

 

 

 

 

 コンクリート構造物の無機質で合理的な悲愴感は
他者に厳しい現代を象徴するようで、
たくましくも寂しい雰囲気にあふれているね。

 

 

 明治河川法ができて以降の
「治水」の考え方は、ひたすらに水の氾濫を押し留めて
絶対の安心・安全を求める。
それが人口が集中する都市部に必要であったし、
自然を制圧したい、制御できるはず、という人間の"叡智"の証でもあった。

 

 そして、低地の洪水時に地下を流れる川を作り出した。

 

 

 

 

 すげえな。

 

 

 

 すげーと思った。

 

 

 

 土木構造物って、インフラのシステムって、面白い。

 

 

 

 

 重厚でありながらも、間近で見ると全てを委ねてはいけないような気にさせる
土木施設に囲まれて、今日の安寧を享受している。
20:31 Water comments(0)
としをんな

24歳になりました。

人生が3周目に突入したよ?

秋雨が続く、はっきりとしない天気だけど

秋というだけで心地よいです。





お祝いの言葉や贈り物をいただいて、

じっくり感傷に浸りました。

HASAMIの陶器は嬉しいなぁ。

久しぶりに、ちゃんと料理をしたいなと思った。


そして、なにより中島美嘉の聞書きエッセイ。






これまで重ねた時間の長さを愛でて

色んなことを思い出すのでした。


歌う姿だけじゃなく、

生き様や振舞い、言葉の一つ一つに

影響を受けてきた15年間でした。









これからの私には

引越と転勤という変化が待ってるわけだけど、

憂鬱な気分だったのが一転、

新しい出会いが少し楽しみになってきた。

萌さんの言葉は本当にヒーリング効果があるな。

大事に、丁寧に過ごそう。


23:14 MIE comments(0)
秋の結婚

2016年10月1日は、新月の朔日だった。



新月は、何か新しいことを始めるのに良い日とされていて、
満月に向けて気が膨らんでいくそう。

そんな、始まりの日に
旧姓に別れを告げて、
人生の伴侶と決意を新たにした。









婚姻に際しては、色んなことが頭をよぎっては沈んでいった。


でも、何を考えても
俗っぽいというか、
私自身の声というよりは
社会的な"オトナ"の立場からの意見であったり、
"オンナ"の部分が話すことだったりしたので、
決定を左右するまでじゃなかった。

(早すぎやしないかとか、
「何者」かになるための結婚ではないかとか)




考えれば考えるほど、
別に結婚しなくてもいいなと思う。

でも、結婚は周囲を納得させる社会的ツールとして十分だし
自分が生きやすい人生を歩むための装備みたいに思えてる。



結婚生活が幸せだけでできてるとは思えないし、
タイミングや相手がベストだったかは分からない。



それでも、私は私の選択を正解にしてきたし
どうしたら自分が満足できるか知ってる。


この強みをさらに増幅させたいし、
ひいては周囲の人にももたらしたい。

それが、種としての幸福を最大化するという
一つの使命だ。






21:43 Events comments(0)
BRUNO Brack Edition

ぐへへ。
ロードバイク買ってしまったよ。



こいつがとっても良い相棒でさ。
軽いし、よく走るし、見た目もキュート。
車道を走るのはまだちょっと怖いけど
どこまでも走って行けそうで楽しいよ。

車も自転車への理解が深まってきてるらしいから
走りやすくなってるのかな。

車で運んで気持ちいいところで風を切るのもいいね。

一昨日は、バレンタインの仕入れに
こんま亭まで行ってきたよ。




オシャレアイテムとして浸透してきてる感あるね。笑



あぁー、チョコレート渡せるかな。
ガンバレ、週明けの私!



17:12 Goods comments(0)
読書の春先
暦の上では春らしい。

しかし、まだまだ寒い日も雪の降る日もあって、インドアにも磨きがかかる。





相変わらず映画もよく観るのだけど
すぐに内容を忘れたり
同時に何本も見るから
ストーリーがマッシュアップされたりして、
刹那的な鑑賞の仕方だな、と思う。笑




この頃は、徒歩圏内にある図書館が好きで、休日の度に訪れる。
(free wifi spotでもあるからね)

勉強せねばとも思うけど、
そう思ってるうちは切迫していないのできっとしない。

小説や随筆ばかりページをめくる。

スタメンは
・乙一
・中田永一

今日は山白朝子を借りてみた。
複数の名義を持つ小説家は
洋服ブランドの派生を見ているようで安心する。


京極夏彦は、レンガだと思っていたけれど
装丁も美しく、読みやすい文体であるから
これからじっくり読んでいきたい人だね。

中村文則は、どれも同じ主人公のように読めるのだけど、
世界観が統一されているから
ピンポイントで欲しくなる時に良い。

角田光代は、親近感の湧く話題と
言い回しで、日常に役立つことも多く書いてあるので勉強になる。


読んでもすぐに忘れるので
「ビブリア」というアプリに記録しているよ。
本の表紙って綺麗だし
ログとして並べるとまた楽しいよね。

12:49 Book comments(0)
1/59PAGES >>