http://mooooooooomin.jugem.jp/
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
みんな富士山のこども

 

年度最後の3連休は、八ヶ岳・富士山麓へ。

 

北八ヶ岳ロープウェイに乗って

山頂からの雪渓を眺めたり。

 

 

 

 

 

 

 

サントリーの白州工場で見学したり。

 

山と川と、美しい水の景色を楽しんで、洗われたような気持ち。

 

 

 

 

伏流水の湧水群や湖も多くて、

みんな富士山から生まれてきたこどもみたいだなぁ。

 

 

長い時間をかけて変化してきた地形から

その地域の歴史や土地利用を見ていくのは面白かった。

 

 

薄氷が張る農業用水のため池『御射鹿池』。

いつまでも水紋を眺めていられそう。

 

 

 

 

三方向に平等に配水するための知恵『三分一湧水』。

山津波があって、何度も埋まってしまったそうで、

今は改修された後。

 

真ん中の水分石の位置を、

そこでもない、もっと右、とか言いながら

調節していたのかと思うと興味深い。

 

 

 

 

 

世界遺産『忍野八海』。

コバルトブルーの色彩が眩しい8つの湧水群。

水草や魚も豊富で、水色だけでなく動きまで楽しめる場所でした。

 

 

 

 

また、水辺を巡る旅をしよう◎

 

 

 

 

22:58 Water comments(0)
地下河川

 

懐かしい母校にて。

 

進路指導のプログラムの一環で、

卒業生による模擬面接をしてきた。

 

卒業してから6年。

制度もカリキュラムもすっかり見違えて、

ちょっとドキドキしちゃったけど

高校生と話してると、自分の16歳の頃を思い出して

ちょっと甘酸っぱい気持ちになった。

 

 

 あの頃は、今よりずっと恐いものが多くて、
敵だと思っているものも多くて、なかなか素直になれなかった。

 少し生きてる時間が長いからって、知ったふりして
忠告してくる大人なんか大嫌いだったし、
受験というシステム自体も、学問を志すこととは本質的に
一致しないと考えていたから、 どこか冷めた目で俯瞰していたように思う。

 

 

 丸くなったな。

 

 

 角張っているより丸い方が
吸収できることも、行ける場所も
たくさんあったと思う。

 

 

 

 私のことを丸くしてくれた
いろんな人やものがありがたい。

 

 

 

 


 

 

 

 

 でも、「水」のテーマだけは今もあの頃も変わらずに手元にある。

 

 

 

 やっと予約が取れて、首都圏外郭放水路の見学会に参加できた。

 

 

 

 

 コンクリート構造物の無機質で合理的な悲愴感は
他者に厳しい現代を象徴するようで、
たくましくも寂しい雰囲気にあふれているね。

 

 

 明治河川法ができて以降の
「治水」の考え方は、ひたすらに水の氾濫を押し留めて
絶対の安心・安全を求める。
それが人口が集中する都市部に必要であったし、
自然を制圧したい、制御できるはず、という人間の"叡智"の証でもあった。

 

 そして、低地の洪水時に地下を流れる川を作り出した。

 

 

 

 

 すげえな。

 

 

 

 すげーと思った。

 

 

 

 土木構造物って、インフラのシステムって、面白い。

 

 

 

 

 重厚でありながらも、間近で見ると全てを委ねてはいけないような気にさせる
土木施設に囲まれて、今日の安寧を享受している。
20:31 Water comments(0)
としをんな

24歳になりました。

人生が3周目に突入したよ?

秋雨が続く、はっきりとしない天気だけど

秋というだけで心地よいです。





お祝いの言葉や贈り物をいただいて、

じっくり感傷に浸りました。

HASAMIの陶器は嬉しいなぁ。

久しぶりに、ちゃんと料理をしたいなと思った。


そして、なにより中島美嘉の聞書きエッセイ。






これまで重ねた時間の長さを愛でて

色んなことを思い出すのでした。


歌う姿だけじゃなく、

生き様や振舞い、言葉の一つ一つに

影響を受けてきた15年間でした。









これからの私には

引越と転勤という変化が待ってるわけだけど、

憂鬱な気分だったのが一転、

新しい出会いが少し楽しみになってきた。

萌さんの言葉は本当にヒーリング効果があるな。

大事に、丁寧に過ごそう。


23:14 MIE comments(0)
秋の結婚

2016年10月1日は、新月の朔日だった。



新月は、何か新しいことを始めるのに良い日とされていて、
満月に向けて気が膨らんでいくそう。

そんな、始まりの日に
旧姓に別れを告げて、
人生の伴侶と決意を新たにした。









婚姻に際しては、色んなことが頭をよぎっては沈んでいった。


でも、何を考えても
俗っぽいというか、
私自身の声というよりは
社会的な"オトナ"の立場からの意見であったり、
"オンナ"の部分が話すことだったりしたので、
決定を左右するまでじゃなかった。

(早すぎやしないかとか、
「何者」かになるための結婚ではないかとか)




考えれば考えるほど、
別に結婚しなくてもいいなと思う。

でも、結婚は周囲を納得させる社会的ツールとして十分だし
自分が生きやすい人生を歩むための装備みたいに思えてる。



結婚生活が幸せだけでできてるとは思えないし、
タイミングや相手がベストだったかは分からない。



それでも、私は私の選択を正解にしてきたし
どうしたら自分が満足できるか知ってる。


この強みをさらに増幅させたいし、
ひいては周囲の人にももたらしたい。

それが、種としての幸福を最大化するという
一つの使命だ。






21:43 Events comments(0)
BRUNO Brack Edition

ぐへへ。
ロードバイク買ってしまったよ。



こいつがとっても良い相棒でさ。
軽いし、よく走るし、見た目もキュート。
車道を走るのはまだちょっと怖いけど
どこまでも走って行けそうで楽しいよ。

車も自転車への理解が深まってきてるらしいから
走りやすくなってるのかな。

車で運んで気持ちいいところで風を切るのもいいね。

一昨日は、バレンタインの仕入れに
こんま亭まで行ってきたよ。




オシャレアイテムとして浸透してきてる感あるね。笑



あぁー、チョコレート渡せるかな。
ガンバレ、週明けの私!



17:12 Goods comments(0)
読書の春先
暦の上では春らしい。

しかし、まだまだ寒い日も雪の降る日もあって、インドアにも磨きがかかる。





相変わらず映画もよく観るのだけど
すぐに内容を忘れたり
同時に何本も見るから
ストーリーがマッシュアップされたりして、
刹那的な鑑賞の仕方だな、と思う。笑




この頃は、徒歩圏内にある図書館が好きで、休日の度に訪れる。
(free wifi spotでもあるからね)

勉強せねばとも思うけど、
そう思ってるうちは切迫していないのできっとしない。

小説や随筆ばかりページをめくる。

スタメンは
・乙一
・中田永一

今日は山白朝子を借りてみた。
複数の名義を持つ小説家は
洋服ブランドの派生を見ているようで安心する。


京極夏彦は、レンガだと思っていたけれど
装丁も美しく、読みやすい文体であるから
これからじっくり読んでいきたい人だね。

中村文則は、どれも同じ主人公のように読めるのだけど、
世界観が統一されているから
ピンポイントで欲しくなる時に良い。

角田光代は、親近感の湧く話題と
言い回しで、日常に役立つことも多く書いてあるので勉強になる。


読んでもすぐに忘れるので
「ビブリア」というアプリに記録しているよ。
本の表紙って綺麗だし
ログとして並べるとまた楽しいよね。

12:49 Book comments(0)
AOM
2015年のクリスマスプレゼントに。




夏の大阪での展示会で予約していたのだった。

もうすっかり耳に収まって、
休日をスパイシーな気分で過ごせる。

何より、作者のaoi matsusaka氏の感性を信頼しているからだと思う。
Twitterやinstagramでの断片的な人物像であるにしろ、
至る方向から感化させられる。

彼女の手から作り出されたものを身に付けて見る世界は、
少しだけ彼女の視界をトレースしている気がして、背筋が伸びる。




12:45 Goods comments(0)
No,No,Yes!
23歳の誕生日に、所作の財布。




ハッとするような
吸い込まれるような生地に感動して
気付いた時には購入していた。


正直、財布としては使いづらい。
理想よりも少しだけ大きい三つ折りのショートウォレット。
使い込めばミニマルになっていくだろうか。

7年使っていたVivienneが体に馴染んでいたので
それも離れ難かったのだけど。


しかし、それらを補って余りある
深遠なる青なのだ。
この色を手にしていれば、
私は間違っていなかったと思える。


美しさとは、全てを内包するのだ。


うん、意味はワカラナイ(´・Д・)」


12:41 Goods comments(0)
GRANDMA MAMA DAUGHTER

大好きな秋に現を抜かしていたら
あっという間に季節は冬で
暖かなウールのコートを放せなくなった。

GMDは京都一人旅で出会ってから
南青山のMUSEUM OF YOUR HISTORYにお世話になるようになった。
ここの店員さんは、気持ちの良い売り方をする人だなあと思っている。
モノの真価を分かって教えてくれるから
買うモノ以上の価値がついてくる。
使う人によって価値が変わってくるのがモノや道具だよなぁ、と思う。

「コンセプトを着る時代」と言うけど、
ご多分に漏れず、私も”母から娘に受け継がれる服”というコンセプトを着たいのだと思う。
値段で生まれる品質の差は僅かなものになってきて
(少なくとも目で見てすぐに分からない程度には)
作り手たちは伝え方にも工夫を凝らす。
緻密に計算された構造や
メッセージを受取るリテラシーを品位とか見る目とか呼ぶのかな。



久しぶりだから、沢山書きたいことがあるなあ。
最近はネット環境が荒んでるため
もっぱらTwitterで日々を微分してる。
だから、まとまった文章を書くのに不慣れになった。

今は、Wi-fiの飛んでる図書館で
MBPのバックアップをとってるのだ。
使い倒したのでバッテリーが上がった上に
膨張してトラックパッドまで浮き上がっているので。

このMBPを見れば、多感な自分の青春時代を
走馬灯のように振り返ることができて感慨深い。

早いとこ修理して、まだまだ使うのだ。



何だか、寒い風が吹き抜けるような
気持ちを無視したまま
この投稿は終わりそうだ。

乙一の「箱庭図書館」読むからね。


 
16:34 Others comments(0)
コモドオオトカゲ


綺麗事を言えば、
「世のため人のため
自分を高めるために仕事がしたい」
かもしれない。

 
でも、唯我独尊、
私が可愛がられるところで私の力を使いたい。
褒めて伸ばしてほしいし、
私も知らなかった能力を見出してほしい。
 
そういう意味では、
社会を甘く見ているのかも。
でも、甘いこと言ってないと
どこまでも厳しくなっていくのも社会だからな。

 
綾野剛の「胎響」のインタビューを読んでいで、
生み出すために生きる
本能ではない部分から生み出したい
という話が眉唾だった。
 
子孫にDNAを乗せて殖えるというのも
魅力的な使命である。
でも、それだけで終わらないのが
理性の生き物らしい。
 
私には、何が生めるだろうか。
誰かに、何かを与えられるだろうか。
 
そう思って、自分の身体を見直したとき
分からない部分だらけで構成されてることに気付いた。
これは結構ヤバいことで、
内外の環境に鈍化することでストレス対応してるのは
長続きしないんだ。

 
誰かに何か言って欲しくて、
診て欲しくて、
整体院に行ってみた。
会って数分なのに、私の知らない私のことを
たくさん教えてもらった。
 
・筋力が減ってるけど、基礎はあるから
まだまだ挽回できること
 
・常に歯を食いしばっていて、
右顎の方が発達しているから
上顎が力を均等に抑えられずに
左半身に反作用が働いていること
 
・肩ではなく首が凝っていること
 
・精神疲労(ストレス)から来る力の入れ方をしていること
 
もっと、私が私のこと見ててあげなきゃ。
知って、いたわって、可愛がらなきゃ。

 
comodoのリズムで行こう。
22:12 Health comments(0)
1/58PAGES >>