http://mooooooooomin.jugem.jp/
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
胎響を聞く

 

4月に妊娠が分かってから早いもので、来週からは臨月。

幸い悪阻も重くなかったし、目立った不調もない。

ここ数年感じていた、妊娠・出産に適した時期と体調である予感は当たっているっぽい。

 

妊娠て面白いな。

無自覚に胎内で人をこしらえて、日々育っていく。

自分の臓器の中で、自分以外のものを擁しているなんて

子宮はなんて寛大なんだ。

 

ホルモンバランスが安定して、

麻酔成分が分泌されているせいか

感情の浮き沈みはなく、不安や悲しみに苛まれることもなくなった。

足先はいつもポカポカしているし肌の調子も良い。

こんなに満たされていられることが逆に不安かもしれない…。

 

 

 

今は呑気に妊娠という現象を楽しんでるけど、

産後のことは何一つ現実的に考えられていない。

twitterで子育てアカウントを見たり

ベビー用品や入院の準備をしていても、

なんとなく他人事だ。

 

そんな時に山崎ナオコーラ著『母ではなくて、親になる』を読んで、

「ああ、これくらい低めの温度感で子育てにのぞんでもいいんだな。」と楽になった。

Benesse界隈のハイテンション雑誌を読むと、

途端に気疲れしてしまうような人にはオススメの一冊。

 

核家族化によって、親(とりわけ母親)は

集団で子育てをする機会を失ってしまい、

何に頼ってよいか分からない状況が漠然とした子育てへの不安の原因だと思う。

「わたし、産みたい!展」で出会った櫨畑 敦子さんは、

長屋でシェアハウスをしながら子育てをしたいと計画する妊婦だった。

”家族のかたち”はともかく

子育て世代が孤立しがちな現代においては、とても合理的な試みだと思った。

なぜなら、私がシェアハウスを経験して思ったのは

そのセーフティネットとしての機能の大きさだから。

大学生活を送る上でさえ同居人のありがたさが身に沁みたのだから

子育てともなれば、複数の生活リズムで生きる人が並行している家というのは心強いと思う。

(もちろん、他人と同居するにはありがたみだけでなく

煩わしさも許容する必要はあるから、子育てともなればそれもハンパないと思う。)

 

↑の展示を見て、

結婚や出産・子育ての在り方をあらためて考えたのはもちろんのこと、

・出生前診断

・望まない妊娠・中絶

・不妊治療

・デザイナーズベビー

・産科医療(無痛分娩)

・人工子宮

といった、生命倫理にも関わるトピックに興味が湧いた。

 

私は妊娠前から、自然分娩が可能ならば絶対に助産院での出産を希望していた。

それは、手術や入院をした経験がないから、

病院という場所がものすごく緊張する上に

医師(先生)に主導権を握られるという状況が好ましくないと感じているから。

(どうしても自分が〇〇してもらう立場になってしまう)

あと、妊娠が分かって初めての産科受診で

産科医に「妊娠してますね。で、どうするの?産むの?」って聞かれて、

「おめでとう」と言われないとは聞いていたけど

何故こんなにも高圧的なのか、生命の将来を一手に委ねられているかのような態度に

とても嫌悪感を持った。

とりわけ若年層の望まない妊娠と中絶が増えている社会的背景も理解している。

産科医や病院が少なく、過酷な労働環境もあるだろう。

それらがこの医師にこの台詞を言わせたのなら、

そんな厳しい状況は間違っている上に不自然だと思った。

こりゃ、長くは続かないぞ…という危機感にも似た不安。

 

この感覚は、出生前診断やデザイナーズベビーに対して抵抗があるのと似てると思った。

いつだって、誰だって”新技術”への風当たりは強いものだけど

自分にとっての要不要で考えれば単純だ。

 

私の考えには、未知の人を何があっても受け入れるということが

子育ての大前提としてあるな。

子を授かるというのは、欲しい服を買うのとは違う。

生まれてもいない子供に何かを期待したり、望むように育てようとするのは

根本的にナンセンスだと思っている。

だから、親になることって難しいんだろうと思う。

思い通りに動かしたいというエゴも理解できるから。

(これは、『そして父になる』を観て考えたことだな)

 

生命についての議論はとても繊細で、

「絶対にしたくない」のか「できるならばしたい」のか

理由を含めて考えるのは簡単なことじゃない。

善悪では語れないテーマだな。

ただ、「誰にとっても無理なく続けていける考え方・行為であるかどうか」

というのは一つの軸であると思う。

 

 

 

 

 

10月から産休をいただいたのをきっかけに、

かねてから気になっていた「穂高養生園」で過ごしてきた。

どうやったら自分を大事にできるか考えたり実験したりするのが「養生」だと思ったよ。

何か生んだり始めたりする前に、整理整頓しだすというのも本能かもしれないな。

工夫と滋味に溢れた玄米菜食のごはんには感動したな。

あの食事のためだけにさえ泊まる価値がある。

安曇野の清浄な空気や水も相まって、心身ともにデトックスできた◎

(これを自宅でも続けられたらいいのになぁ…。)

 

美麻珈琲やちひろ美術館、書翰集に松本城の界隈にも遊びに行けたし、

充実の信州旅行だった。

ちひろ美術館は東京にもあるとのことで、

赤子が生まれたら一緒に行きたいミュージアムにノミネートした☆

道の駅で叩き売りされていたリンゴを買ってこれたのも嬉しかったな^^

長野は折にふれて訪れたい場所ですね。

 

▲松本にある「ことの葉」という花屋さんでケイトウを買って帰った。

花屋とは思えないほど広々した店内で、

花器やドライフラワーも充実していて良かったな。

 

呼吸を整えて、ふくよかな心で出産と子育てを迎えられるように

準備していこうと思う。

 

18:42 Health comments(0)
コモドオオトカゲ


綺麗事を言えば、
「世のため人のため
自分を高めるために仕事がしたい」
かもしれない。

 
でも、唯我独尊、
私が可愛がられるところで私の力を使いたい。
褒めて伸ばしてほしいし、
私も知らなかった能力を見出してほしい。
 
そういう意味では、
社会を甘く見ているのかも。
でも、甘いこと言ってないと
どこまでも厳しくなっていくのも社会だからな。

 
綾野剛の「胎響」のインタビューを読んでいで、
生み出すために生きる
本能ではない部分から生み出したい
という話が眉唾だった。
 
子孫にDNAを乗せて殖えるというのも
魅力的な使命である。
でも、それだけで終わらないのが
理性の生き物らしい。
 
私には、何が生めるだろうか。
誰かに、何かを与えられるだろうか。
 
そう思って、自分の身体を見直したとき
分からない部分だらけで構成されてることに気付いた。
これは結構ヤバいことで、
内外の環境に鈍化することでストレス対応してるのは
長続きしないんだ。

 
誰かに何か言って欲しくて、
診て欲しくて、
整体院に行ってみた。
会って数分なのに、私の知らない私のことを
たくさん教えてもらった。
 
・筋力が減ってるけど、基礎はあるから
まだまだ挽回できること
 
・常に歯を食いしばっていて、
右顎の方が発達しているから
上顎が力を均等に抑えられずに
左半身に反作用が働いていること
 
・肩ではなく首が凝っていること
 
・精神疲労(ストレス)から来る力の入れ方をしていること
 
もっと、私が私のこと見ててあげなきゃ。
知って、いたわって、可愛がらなきゃ。

 
comodoのリズムで行こう。
22:12 Health comments(0)
あんしん、あんし〜ん。
忘れるには勿体無いことなので、記録します。
4月の終わりは名古屋で過ごしました。
3月に行った時とは少し違う意味で。笑
(あ、春の京都〜名古屋も最高でしたよ)

 


初日:早朝について、コメダ珈琲でモーニング。
   早かったのにめっちゃ混んでた。
   名古屋の人って、本当に地元資本を愛してるよね。
   そんで、バスは全然寝られなかったから、
   マンガ読みながら昼寝。
   すーさんは少女マンガを愛読してるんだけど、
   今回のおすすめ「僕らはみんな河合荘」っていう
   上品な下ネタのギャグマンガが最高でした。ハマった。笑
   
   昼間はキャッチボールしたり
   河原でパンとコーヒーもぐもぐしながら喋ったり、
   雨の中散歩して、栄の本屋さんやらHMVやらウロウロ。

   「やぶさかではない」と「まんざらでもない」の違いについて話す。
   国語の先生っぽい。笑

   夜は別行動で、私はかねてから観たかった
   「そこのみにて光り輝く」を伏見ミリオン座で鑑賞。
   函館の臭いがリアルに香る映画でした。
   綾野剛の代表作かもしれない。とても佳い。

   遅くに帰るとスーパーはみんな閉まってて、
   名古屋は意外とインフラが整ってないんだなぁ。(つくばが異常なの?)
   しょーがないから100円LAWSONで材料買ってシチューを作る。

 



2日目:ゆっくり起床。 
    朝食はお決まりのホットケーキ。
    魔女の宅急便の影響か、すーさんはホットケーキミックスが好き。笑
    朝から雨なので、一日中インドアで雨音を聴いてた。
    
    ずっと捨てなさいと言い続けていた段ボールは、
    引っ越す予定の友人に譲ることになったらしく、
    「ほら!とっとけば使う時が来るじゃん!」ってドヤ顔された。
    解せない。不要なゴミをとっておくと
    必要なものが活きてこないぞ。

    暇なので「きいろいゾウ」読んだ。

    夜はDVD観たよ。
    すーさん推しの「鉄コン筋クリート」と「博士の愛した数式」。
    シロちゃんの『あんしん、あんし〜ん」は良いおまじないだね。
    画が緻密で、カット割りも独特で、面白いアニメだった。
    


3日目:怠惰な私たちは、起床時間を決めないといつまでも眠れるらしい。笑
    約束の東山動物園。
    朝まで降っていた雨がやんだので、ちょっと遅めだけど出発。
    動物園てこんなに楽しかったけね。
    は虫類と両生類と乾燥地帯の動物の展示が面白かったよ。
    スローロリスのキャプションに
    「絶滅危惧種は人間の乱獲が原因です。安易に欲しがらないようにしましょう」って書いてあった。

    
   


    人と手をつなぐのって、煩わしいし動きづらいし、
    好きじゃないと思ってたんだけど、(多分今でも行為自体は好きではないな)
    そういうコミュニケーションの取り方もあるのかな、と
    肯定的な見方ができるようになったよ。笑


    閉園まで回ってから星ヶ丘テラスで
    すーさんの普段着を買いに。
    いつまでも大学生みたいな格好をしているなぁとは思っていたけど
    着る服がないとのこと。(私もだな)
    深い緑のパンツと、優しい桃色のシャツを。
    セールになってた編み目の大きなモスグリーンのニットが気に入ったんだけど、
    季節が違うから着れないねって言って諦めたの。
    でも、あれは良かったな。うん。
    あとはミントグリーンのTシャツも素敵だったけど。

    帰ってきてジンギスカン鍋をいただきました。
    美味しいんだな。北の大地に感謝。
  
 
      

    すーさんは味音痴だし、食べ物に対する要求は低いしで
    私としては張り合いがないんだけど、そこは教育のしがいがあるのかな。笑
    体を作る素に対して頓着するというのは
    とても大切なことだよ。

    そして、名古屋にバイバイして夜行バスに乗り込みましたとさ。


 


名古屋、住みたいとはあまり思えない街なんだけど、
良いところ知ってたら教えて下さい。←





 
続きを読む >>
04:58 Health comments(0)
DANGEROUS 回路

とても格好悪い。

格好良くなりたい。

多分、なれる。と思う。


まずは掃除、整理整頓。
背筋、余裕、笑顔、配慮。
装飾はその後。


 
続きを読む >>
02:30 Health comments(0)
衣について
 

生きることとは

衣 食 住 働 が主となるけれど、

これまで衣について考えることは少なかったなぁ。





夏がやってきて、
毎度暑いから着たいと思う服が無いし
元々市場に出回っている服で私を満足させるものって少なかった。
そもそも、衣にそんなに執着が無いから
ある程度妥協できるもの以上を求めてなかったというのかな。


でも、洋画を見てると
だいたい就寝時は半裸か全裸。

正直、羨ましいと思うその裸体への嫌悪感の無さや
開放的な裸の肯定観。


そもそも、「服を着る」という概念がどうも暑苦しい。
「衣を纏う」と言い換えただけでなんと清々しいことか。

着るのと纏うの、何が違うかっていうと
服が主役か着る人が主役かって感じかな。

「着る」という語感には
ファッション的に自分を飾る
装飾品に近い感覚がある。

「纏う」のは、より自然体な感じ。
法則や流れを打ち消さないように
体のつくりを活かすイメージ。
機能性とはまた少し違うのだけど。

例えば、浴衣やサリーとかは纏う。
ボンデージやドレスなどは着る。

いやぁ、感覚でしかないけれど。




少し、自分の纏いたい服に出会う努力をしても良いのかもしれない。






群言堂


13:41 Health comments(0)
”当たり前”にハテナ
 
つくばには心地良い梅雨がやってきたよ。
庭の明日葉に雫が滴って
ツヤツヤ、キレイだよ。

昨日はコースの授業なのに
2単位分の講義を切ってしまったよ。
他のことで精一杯とかいうのではなくて
ただ単に精神的なエネルギーが不足しているのだー

でもその夜に
萌さんに2単位以上の価値のある特別授業してもらった。

心と体のつながりのこと、
呼吸法のこと、
ヨガのこと、
内面からキレイになること…


中でも布ナプキンのススメは
ぜひとも実践してみようと思った。

実は高校時代にも挑戦したけど断念しているのね。苦笑


本来は不必要なものを日々の生活に取り入れて
便利にはなるけど
自分の感覚を鈍らせて
本当は持っている能力を衰退させて
自分以外のものに依存する体質が完成しちゃう。

もので溢れ返った毎日にとっても痛感すること。

なくても良いモノに
もっと敏感になろう。






そんな目的と調和するのが
シェアする暮らしだと思う。
柚子houseに越してから
心身共にずっと調子がいい。

奪ったり奪い返したり
独占したり諦めたりする暮らしは
愛がないよな。

共有することの良い面をひしひしと感じる。
時代は「シェア」らしいし。笑

NHK-Eテレ「オイコノミア」 〜みんなでシェアする経済学!?〜(前編/後編)
本放送:6月25日(火)&7月2日(火)23:30〜23:55
再放送:6月30日(日)&7月7日(日)25:10〜24:35







今日もごんべえ農園の野菜を受け取りました。
早速カブのステーキじゅうじゅう。

柚子houseでは
隣の市の有機農場から野菜の定期便をいただいてるから
久しくスーパーで野菜を買ってない。
旬を感じたいのと
何が来るか楽しみが増えるのと
買い物の手間が省けるのと
何よりも生産者と生産過程が見える所がいい。
今は地域の経済をできるだけ地域で回すと言うのが
ごく自然なことに思うよ。

"消費"は一番手っ取り早くできるメッセージの主張だし
誰にとっても身近な「自分事」だから
当たり前に慣れてしまわないように
いつも疑問を持つことって大切だと思うな。




そんでもって
そういう食生活のスタイルがあることを
もっと知れたら良いよなぁ。


シェアハウスに住む人にもオススメ。
今度つくば周辺でシェアハウスしている人たちと
どんな工夫とか楽しみがあるのか
話し合ってみたいねーって萌さんと考えてた。ω

やさと農場
ごんべえ農園







15:04 Health comments(0)
シフォンケーキ
 
最近シフォンケーキをふくらましている。

物事は何事も繋がっていると思う。

自分が今まで取り組んできたこと

好きだと思った人・物・事・場所・におい・味・音…

携わってきたコミュニティ

傾倒してきた思想

育んできた生きもの

全てに意味が見出せると思う。

見出していく事が人生だとすら思う。


では、シフォンケーキも自分の人生の何かしら一端を担っているのか。







まず、単純で安価な材料で作れるため、
せっかちで大ざっぱな私の性格にはぴったり。







失敗しないから自信が持てる。
自己肯定感を満たす。
手をかける甲斐がある。
やりがいは継続につながる。
愛おしさすら感じる。


ふわっとふくらんで体積が増えるから
みんなで囲んで楽しめる。
甘味は万人を幸福感で満たす。









これらのことを総合して考えると
私は
美味しく作った物を
みんなで囲んで食べることによって
自分を満足させているらしい。


やっぱり、みんなで居ることが基本で
一人でいることは応用なんだな。






18:42 Health comments(0)
GOLDEN WEEK
 
今年はいつにもましてGWっぽくなかったなーん。
良い意味で。

でもちょっと目の前の出来事で
視界がいっぱいになっちゃってる感じ。
だから整理しよう!



木:田中洋子ゼミの新歓があり、
  でもまだちょっと打ち解けない感じ。

金:ゆいまつりの説明会を開催し(2人Get!笑)


土:きーちゃんと葉菜ちゃんと横田君とみくるちゃんという
  沢山のゲストを迎えて




月:花壇をこさえて
  とんぴくりんのMTでは泣き





火:クロノファクトリーでいただいた美味ランチで久々にお肉を食べ




水:ごんべえ農園やらやさと農場からお野菜が届き
  AC新歓のお話は進んだし
  ゆいまつり総会の準備も進め


木:田中先生の引越を手伝い
  初のゼミ晩餐会を柚子house(15人くらいいたか?)で開催し
  良い写真が撮れた〜♪


金:植物園でバイカモ水槽とたわむれて
  日長がのびたなぁと実感し、
  柚子houseの菜園の準備が進み
  女子4人でドライブデート
  (アンキュイ→ファクトリー→洞峰公園→UNIQLO)
  でのんびりし





土:ゆいまつり女子会で大量に飲んだくれた挙句
  下世話な話しから人生の話しまで盛り上がり
  泣きじゃくりながら帰ってきて住人と来客に迷惑をかけつつも
  みんなの優しさに感動して申し訳なくなって…


日:つくいちでピクニックして
  第3回の企画会議の後
  OBOGと新メンバーを交えて飲み

月:1日家事とマンガと水槽掃除に費やしスッキリ!
  夜はホッケと日本酒でにんまり♡

いつだったか
からてぃーさんが深夜ドライブに連れて行ってくれたんだけど
あれはいつのことだったか…
横田君が来た晩のことなんだけど。
1時にスタバ行こう!は面白いね。
萌さんも恭平さんも眠いのに来てくれてとってもとっても
嬉しくてルンルンで
心の中でみんなのことぎゅーってしてた。笑




日々が充実しているのは良いことだけど
長期的なプランがないというのは
なんとも空しいもので。

最近とても実感しているのは
・自分は思っていたより論理的でないこと
・かといって感情で振り切ることもできない性格なこと
・周りが思ってる以上に無計画なこと


どんな生きものになりたいか
どんな生き様が自分の在り方なのか
何を大切にする暮らしを営むのか

おっきな『?』が横たわっていて
地平線が見えない閉塞感がある。
ずっと見えていたつもりで追いかけてたのが
蜃気楼だったみたいで、最近はガックリきているのだ。

だからといって
お酒と好ましくない付き合い方をするのは
まったく何の解決にも至らないのだけど。


天気がいいよーっ!
空は青いよーっ!
アライグマくんのように図太く明快に!
スナフキンのようにしなやかに!
生きていきたいよっっ!!






11:07 Health comments(0)
最近は、クリスマスが近いせいか、 無性に手紙が書きたくなって、 何通も筆を走らせてます。 小学生の頃から文通が好きで 文章書くのも好き´ω` 文字を書いて整理したり伝えたりするのが好きだ。 特に手紙はペンとか便箋の感じで 色んなニュアンスが出せて バラエティー豊かだから良い。 この頃旅行に行く度買い集めてたポストカードがたまってきて、 クリスマスカードとして贈ってるんだ^ω^ どれもお気に入りだから 手元から離れるのはすごくもったいないんだけど、 だからこそ相手が喜ぶ顔も目に浮かんで楽しいね。 言うなれば自分の分身を 旅に出してる気分♪ 返事をもらうとさらに嬉しくなるねー´ω`
21:22 Health comments(0)
これから福の話をしよう。
 
実家には猫がいる。

フク(♂)とミー(♀)の兄弟で、
カラスに襲われているところを
生後数週間で母に拾われた。

(母親は祖父譲りの拾い癖があって、
とにかくなんでも拾う。
というか、捨てない。w
一時は祖父母の家には拾い猫が
10匹以上いたことも。


で、フクの方が
とにかくとてつもなく猫っぽくない。
仕草も表情も、人間っぽい。
ちょっと不気味なくらい。






猫が好きそうな物にはたいてい興味を示さないし、
この前なんか2階のベランダの縁から落下。
猫らしからぬ運動神経で
さいきんメタボ気味…



昨日フクの目の前で
ネイルしてたらすっげー嫌な顔してやんの。
「眉間にしわを寄せる猫」って見たことある?w




17:20 Health comments(0)
1/3PAGES >>

photo : だから東京が好き!
template : Lalala
管理者ページ