http://mooooooooomin.jugem.jp/
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
読書の春先
暦の上では春らしい。

しかし、まだまだ寒い日も雪の降る日もあって、インドアにも磨きがかかる。





相変わらず映画もよく観るのだけど
すぐに内容を忘れたり
同時に何本も見るから
ストーリーがマッシュアップされたりして、
刹那的な鑑賞の仕方だな、と思う。笑




この頃は、徒歩圏内にある図書館が好きで、休日の度に訪れる。
(free wifi spotでもあるからね)

勉強せねばとも思うけど、
そう思ってるうちは切迫していないのできっとしない。

小説や随筆ばかりページをめくる。

スタメンは
・乙一
・中田永一

今日は山白朝子を借りてみた。
複数の名義を持つ小説家は
洋服ブランドの派生を見ているようで安心する。


京極夏彦は、レンガだと思っていたけれど
装丁も美しく、読みやすい文体であるから
これからじっくり読んでいきたい人だね。

中村文則は、どれも同じ主人公のように読めるのだけど、
世界観が統一されているから
ピンポイントで欲しくなる時に良い。

角田光代は、親近感の湧く話題と
言い回しで、日常に役立つことも多く書いてあるので勉強になる。


読んでもすぐに忘れるので
「ビブリア」というアプリに記録しているよ。
本の表紙って綺麗だし
ログとして並べるとまた楽しいよね。

12:49 Book comments(0)
スポンサーサイト
12:49 - -
comment

message :