http://mooooooooomin.jugem.jp/
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
第30回 東京国際映画祭

 

初めてレッドカーペットが敷かれるような映画祭に行ってきた。

鑑賞は、チケットさえ買えば誰でも参加できるんだね◎

 

ずっと機会を逃していた

安藤モモ子監督『0.5ミリ』を観に行ったよ。

3時間越えの超大作+監督と主演の安藤サクラによる舞台挨拶付きというのもあって

とってもボリューミーだったけど、濃厚であっという間の時間でした。

 

事前に原作を読んでから行ったけど、

原作よりも 主人公のサワが愛らしく感じられると同時に

母性も色濃く描写されていて、まさに安藤サクラのための映画だなと思った。

 

重く語られがちなテーマ(介護、孤独、戦争、貧困etc...)が

見えてくるけど、 高尚に論じようとしない訴え方だった。

だからこそ、登場人物に感情移入したり弱者に同情したりするような

安易な答えに行き着かず、一人の人間と対峙するときの姿勢を問い直されているようだった。

 

これから子育ての日々を迎えるわけだけど、

赤子とはいえ一人の人間。

あらゆる行動をどう受け止めて

どう対応していくべきなのか、覚悟を迫られる思いだった。

一切のリターンや合理性を求めることがナンセンスで、

ただひたすらに与えるという愛の態度が眩しい。

でもサワは、無償の愛だの介護して「あげてる」だの理不尽だのとは

考えていなくて、「そういうもんだ」とどっしり構えていたな。

そういう図太さみたいなのが母性にも通じるのかもしれない。

 

上映後の姉妹トークでは、

まさに私が聞きたかったような「子育てと仕事の両立」について

話があって、心強くもあった。

だれでも子供が生まれたら、仕事を辞めてしまおうかと

考え至るのかもしれないなって、安心したような。

それでも使命感を持って取り組める天職に

ついていることをうらやましくも思ったけど。

 

でも、いろんなことがぐるりぐるりと転換していく今、

あるかないかも分からない先の心配事に悩まされるのもアホらしいな。

 

 

 

うさぎのリンゴ、小アジのみりん干し、かぼちゃの煮付け、

カレーライス、うどん…

どれも全然美味しそうに食べてなかったけど、

何故か食べたくなる不思議な食事風景だったのが印象的。笑

 

 

東京国際映画祭2017

 

イベントレポート(公式)

 

12:51 Movie comments(0)
スポンサーサイト
12:51 - -
comment

message :