http://mooooooooomin.jugem.jp/
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
No,No,Yes!
23歳の誕生日に、所作の財布。




ハッとするような
吸い込まれるような生地に感動して
気付いた時には購入していた。


正直、財布としては使いづらい。
理想よりも少しだけ大きい三つ折りのショートウォレット。
使い込めばミニマルになっていくだろうか。

7年使っていたVivienneが体に馴染んでいたので
それも離れ難かったのだけど。


しかし、それらを補って余りある
深遠なる青なのだ。
この色を手にしていれば、
私は間違っていなかったと思える。


美しさとは、全てを内包するのだ。


うん、意味はワカラナイ(´・Д・)」


12:41 Goods comments(0)
GRANDMA MAMA DAUGHTER

大好きな秋に現を抜かしていたら
あっという間に季節は冬で
暖かなウールのコートを放せなくなった。

GMDは京都一人旅で出会ってから
南青山のMUSEUM OF YOUR HISTORYにお世話になるようになった。
ここの店員さんは、気持ちの良い売り方をする人だなあと思っている。
モノの真価を分かって教えてくれるから
買うモノ以上の価値がついてくる。
使う人によって価値が変わってくるのがモノや道具だよなぁ、と思う。

「コンセプトを着る時代」と言うけど、
ご多分に漏れず、私も”母から娘に受け継がれる服”というコンセプトを着たいのだと思う。
値段で生まれる品質の差は僅かなものになってきて
(少なくとも目で見てすぐに分からない程度には)
作り手たちは伝え方にも工夫を凝らす。
緻密に計算された構造や
メッセージを受取るリテラシーを品位とか見る目とか呼ぶのかな。



久しぶりだから、沢山書きたいことがあるなあ。
最近はネット環境が荒んでるため
もっぱらTwitterで日々を微分してる。
だから、まとまった文章を書くのに不慣れになった。

今は、Wi-fiの飛んでる図書館で
MBPのバックアップをとってるのだ。
使い倒したのでバッテリーが上がった上に
膨張してトラックパッドまで浮き上がっているので。

このMBPを見れば、多感な自分の青春時代を
走馬灯のように振り返ることができて感慨深い。

早いとこ修理して、まだまだ使うのだ。



何だか、寒い風が吹き抜けるような
気持ちを無視したまま
この投稿は終わりそうだ。

乙一の「箱庭図書館」読むからね。


 
16:34 Others comments(0)
コモドオオトカゲ


綺麗事を言えば、
「世のため人のため
自分を高めるために仕事がしたい」
かもしれない。

 
でも、唯我独尊、
私が可愛がられるところで私の力を使いたい。
褒めて伸ばしてほしいし、
私も知らなかった能力を見出してほしい。
 
そういう意味では、
社会を甘く見ているのかも。
でも、甘いこと言ってないと
どこまでも厳しくなっていくのも社会だからな。

 
綾野剛の「胎響」のインタビューを読んでいで、
生み出すために生きる
本能ではない部分から生み出したい
という話が眉唾だった。
 
子孫にDNAを乗せて殖えるというのも
魅力的な使命である。
でも、それだけで終わらないのが
理性の生き物らしい。
 
私には、何が生めるだろうか。
誰かに、何かを与えられるだろうか。
 
そう思って、自分の身体を見直したとき
分からない部分だらけで構成されてることに気付いた。
これは結構ヤバいことで、
内外の環境に鈍化することでストレス対応してるのは
長続きしないんだ。

 
誰かに何か言って欲しくて、
診て欲しくて、
整体院に行ってみた。
会って数分なのに、私の知らない私のことを
たくさん教えてもらった。
 
・筋力が減ってるけど、基礎はあるから
まだまだ挽回できること
 
・常に歯を食いしばっていて、
右顎の方が発達しているから
上顎が力を均等に抑えられずに
左半身に反作用が働いていること
 
・肩ではなく首が凝っていること
 
・精神疲労(ストレス)から来る力の入れ方をしていること
 
もっと、私が私のこと見ててあげなきゃ。
知って、いたわって、可愛がらなきゃ。

 
comodoのリズムで行こう。
22:12 Health comments(0)
楽しいことしか知らないっ!

就職してから早2ヶ月。
少しずつ慣れてきたし、
楽しいことを見つけては
ほくそ笑んでる。








とても濃い2ヶ月だったなあ。
すーさんの転勤と引越やら
南勢旅行やら
水草部屋と採集に行ったり
東京で鳥獣戯画を見たり買い物したり。
いな暮らしへも行けたし、
美味しい居酒屋さんも行けた◎

パン屋さんとか
豆腐屋さんとか
酒屋さんとか
カフェとか
スイーツ屋さんとか
アクアイグニスとか
豊かな場所を色々うろうろ。

でも、やっぱり分かち合える誰かがいることが
一番豊かだよね。
与えることこそ、究極にリッチなのだ。

しかし、欲しいモノは尽きない。

美容室と映画館に行きたいし、
減量して肌の調子も良くなるとイイ。
お弁当箱と布団たたきと
服と靴とリングが欲しいし
行きたい所も沢山ある。



お金を貯める気はないけど、
遣う時に少しばかりの背徳感があるのがやるせないな。
お金は天下の回りものだから、
良いと思うことに遣えば、
もっと素敵に返ってくるのだ。

水も、そうだと良いな。




 
13:28 MIE comments(0)
吸引力の変わらないただ一つのオコタ
のんべんだらり。
卒論以外の意識を低めると
ここまで自堕落になるのだなあ。

今の自分が納得できる論文を提出できて良かった。
終章が書けなさすぎてどうなることかと思った。




製本した後に
やっぱり題名と副題を逆にすれば良かったなという後悔はあったものの、
各位に礼状と送付して一段落したところ。


気分を変えるために
メガネと靴と携帯を新調したよ。
とうとうアイフォニスタになったのだ。
安い買い物ではないので、仲良くなれると良いけど。
それより、払わなくて良い使用料を
3年5ヶ月も納めていたと思うと
通信業界の詐欺っぷりを痛感しました。
毎月の使用料、おさえられないかなー;;`


来週には最終発表があるけど
卒研と同じく、これほど嫌気のさすことはない。
できれば逃げ出したい。
でも、機会を与えてくれた方々のために
報告する責任があるなあと思っている。
何かを言うってことは
言わない何かを選ぶ作業でもあって
とても心苦しいのだ。

週末は洋子ゼミのOBOG会があって
そこでも少し触れたいと思っているけど。
先生やゼミ生になら何を話しても受け入れてもらえそうで楽しみ。




まあ、自分で言うのもなんですが
初め(エントリ:「新潟がスゴい」)に思っていたとおり、面白い研究になりましたよ。
最終的にテーマとして提出できたのは
水辺というのは、変化に富んでおり生態系が発達していて
人間にとって不可欠な環境である。
ゆえに、環境保全の対象としてだけでなく
地域独自の歴史や特徴を映し出す鏡としても
認識して継承していくべき存在である。
ということ。
ずっと思っていたことだ。
それを、福島潟という具体例を紐解くことで
根拠を持って明文化できたと思う。


固有の「ストーリー」に、価値が置かれるトレンドには理由があると思う。
グローバルでボーダーレスを良しとする風潮は
同時に、自分の居場所を見失う不安にもつながってるからだ。
帰属意識を持てる小さな集団=地域的特徴を
拠り所にするからこそ、人の活動範囲は広域化すると思う。
他と違うことに存在価値を見出せると思う。


世界規模に拡散した意識が
ローカルな場所に戻っていくことは
容易に想像できたけれども
その様は、きっと元の状態とは違っている。
どう違うのか、なぜ違うのか、その先には何があるのか、
楽しみでしょうがなくなってくる時代だね。

 
19:01 TSUKUBA comments(0)
あけましたのは2015年
新年は名古屋にて迎えました。
紅白で、演歌の飾りにアイドルが起用されているのとか
椎名林檎さんが益々美しくなっているのとか眺めながら。

2355スペシャルは良かったな。
たなくじで「堅実大吉」引いたよ。笑
びじゅチューン!スペシャルもgoodでした。



初詣は、伊勢神宮に参ろうとしたところ 雪が降りだしまして、熱田神宮に変更。
おみくじは「半吉」で、「楽は苦の種、苦は楽の種」と言われました。

恒例のキリン珈琲は年始も休まず営業していて、
寡黙で真面目なマスターのコーヒーは相変わらず旨かった。
あんな風に、真摯な態度で仕事に臨む姿勢を尊敬する。



それで、思い立ったように 尾道へ出発して、
てらみなとさんの気配と残像を追う旅へ。
しまなみ海道もビュンと渡ってきた。
瀬戸内の海は、湖みたいで、小波が立っていたよ。
青も鮮やかで、気持ち良かった。



お目当てはパン屋さん。
でも、ネコノテパン工場もパン屋航路も閉まっていた(ToT)
おやつとやまねこの尾道プリンは食べれたからヨシとしようか。
からさわでは、美味しいアイスモナカを食べながら
てらみなとさんのプチ写真を見たよ。



港を散歩して、 猫の小道を歩いて、 お寺に行ってきた。
こちらとあちらが瀬戸内海を挟んで対峙していて、
心地よい風が抜けるところだった。


そのまま帰るのではもったいないということで、
倉敷に寄っていこうということに。
ゲストハウス界隈では名の知れた
有隣庵に泊まってみたかったのだ。
美観地区は、古きよき町並みで、 静かなところ。
夜が綺麗だよ。

物語を予感させる風景。
蟲文庫に行けて嬉しかった。
美術館も見応えバッチリ。
モネやゴーギャンやピカソがみれたの光栄。
ミロの夜に踊る女たちという絵が好き。


往復の車内は長い時間だったけど、
歌を歌ったり、私が極度のファザコンであるという悩み相談をしたりして 充実していた。
すーさんの、社会人としてどのような態度で 経済循環に関与するかという話もしたな。
というか、説教くさいことばかり言ってしまったな。
いつもだけど。


そんな感じの正月。

年末セールで すーさんのコートや靴や鞄や腕時計を
プロデュースできたし、満足◎
名古屋の往復に初めて新幹線を使ったら
楽すぎて癖になりそうだった。
今は現実に引き戻されてつくば。
どうやら、また卒論と向き合う時間だ。
先生から、お世辞でも面白いって言って貰えたから あと少し、頑張る。



 
17:52 Others comments(0)
一万人の雪の華
2014年の最後に、一生ものの体験をしたよ。
尾身子と二人で、中島美嘉のライブイベントへ。

10周年の時の武道館は 耳の病気で中止になったけど、
来場者で「A MIRACLE FOR YOU」を合唱したのが
忘れられなかった。
美嘉chanも、きっとずっと覚えてくれてたんだと思う。
だから、またみんなで大合唱するライブを企画してくれたのだ◎



「僕が死のうと思ったのは」は最高だったな。  
泣き崩れてしまったよ。
「愛してる」も「ひとり」も、
今だからこそのアレンジになっていて、
現在の中島美嘉の表現力に感動した。

確実に、成長してる。
病気のことで歌唱力については心配していたけど
タダでは起き上がらなかった感。
ますます、好きになったし、
心の底からファンで良かったと思えるライブだった。
ありがとう。
ずっと歌い続けてくれて、本当にありがとう。




「雪の華」の合唱も楽しかったな。
みんなで上手に歌えた♪
青と白のペンライトがキレイで
幻想的な会場だったし、
衣装も美しくて良かった。
ネイルをsnow flower仕様にしていって良かったな。
上半期の全国ツアーも、成功しますように!!




ナタリー:レポート記事
17:55 Mika Nakashima comments(0)
南極星
あけましておめでとうございます。

インドネシアの、日本人向け情報誌「南極星」に
ラマレラ紀行文を寄稿したよ。
憧れのフリーペーパーに掲載していただけて、とても光栄。
表紙もレイアウトも素敵で、感無量です。





ikdさんと出会えて良かった。
出会う機会を下さったttmt先生にも感謝だ。

インドネシアという、一言では表せない魅力を
見つけられたことは、一生の財産だと思う。

良い新年の幕開けだっ!!


 
15:29 Indonesia comments(0)
調査ふたたびっ
新潟だよーう。
何度来ても良い所じゃ。

先月、祖父が亡くなったときに来たときも清々しい天気だったけど、
今回は少し冬を感じさせる寒さがある。
福島潟は相変わらず凪いでいるよ。






今回は始めて潟来亭でまったりしてきた。
いろりっていいなあ。
囲炉裏の周りのこと「よろぶち」っていうんだって。





すーさんも遊びに来てくれてね、
福島潟で白鳥を見て、葛塚市でぶらぶらお買い物して、
五頭山の麓の川上とうふへ行ったよ。
JAFカードでおまけしてくれた♡

そんで、新発田の剣龍峡に行ったら、
おじさんが側溝にハマっちゃっててJAFを呼ぶことになった。
無事に帰れたみたいで良かったけど。

それで、出湯の美人の湯でまったり昼寝して、
鳥屋野潟公園を散歩して、白山神社公園も歩いて、
上古町商店街の「ミートソースさとう」で
まぜそばみたいなパスタを食べた後
日本海の夕陽を眺めてから帰ってきたよ〜。
詰め込みすぎた一日だったけど、
その後帰って行ったすーさんはスゴい。
事故らなくて本当に良かったな。





明日はえんぢゅさんが来て泊まっていくから
もーっと沢山行けるかな♪
ただ、雨なんだよな。笑


あと、今回は始めて原付に挑戦して調査した!
足がないけどお金も無いからレンタルバイクしたんよ。
二段階右折がなかなかに怖かったけど
スピード出せるようになったらかなり便利な乗り物になった!
雪とか雨が降ると乗れないから、今回だけだろうけど、
良い経験になったなあ。
今度から車乗るときは原付に優しくしようと思う。笑

調査は少し難航しているかな。
欲しい文献が沢山あるんだけど、コピーするにもなかなか量があるから大変;
買えれば一番良いんだけどね;






さて!
来週のゼミは良い報告ができるように頑張る!

 
22:21 - comments(0)
アクアマリンふくしま

このメンバーで仕事ができるのも
あと少しと思うと、他のどんな仕事も
これ以上に楽しくないかもしれないと思って憂鬱になってしまう。
それほど幸せな環境に置かせてもらっている。








館のダイナミックな建築は
さながらモスラの卵を格納していたテラスのよう。笑




とにかく、海に接した立地ということで
海水をふんだんに使える!


内陸の植物園とは大きく異なる環境でした。






だからこそ、このダイナミックな生態展示。
群れを大きな水槽で見れる。




潮目の三角回廊は、目線の高さに水面があって
まるで海の中を歩いているかのよう。












NHKの水族館赤ちゃん特集で見た
ユーラシアカワウソの家族も元気でした。






はあ、満足♡

バックヤードや管理方法も伺うことができて
とても貴重な勉強をさせていただきました。



 

館内から見えた建設中の橋。
大きなイオンを誘致して再開発を進めているらしい。
復興とは、どういう意味のことなのか、よく分からなくなった。
原発の処遇も定かでないのに。






ともあれ、
真摯に、誠実に水族館づくりをしている
真面目な館という印象でした。



アクアマリンふくしま












 
10:23 Water comments(0)
<< 2/58PAGES >>

photo : だから東京が好き!
template : Lalala
管理者ページ